ベテランに求められるIT業務

一般的にIT業界においては、40代で転職してもキャリアアップしやすいと言われている。それは、ITの仕事における評価は成果主義が宗とされているからであるが、期待される業務はやはり年齢によって大きく変わってくる。ITの中でもハード系業務は、20代の若手エンジニアが積極的に採用される傾向がある。ソフト系の業務は分野によって違いはあるものの、採用されやすい年齢はハード系よりも若干高い。40代でキャリアアップを狙った転職を行う場合はこういったハード系・ソフト系の実働性の高い業務ではなく、ソリューション系の業務を求められる場合が多いと言える。従って40代で転職する場合は、ITに関する業務をより俯瞰的に眺め、その内容を調整するようなスキルが求められる。

さらにIT企業が40代以上の人材を積極的に求めているのは、そうしたスキルに研鑽をかけて管理職として事業全体を統括する役割を期待しているからである。つまり、マネジメントスキルを持ったITコンサルタントとして活躍できる可能性を上手く示すことができれば、40代という年齢は転職するに当たって大きな武器ともなりうるのである。中には実働系の業務内容の方を好むエンジニアもいるかもしれないが、より多くのIT関連業務に関わって大きな事業を成し遂げたい場合、キャリアアップは必須である。そのためにもまずは、転職するに当たってマネジメントスキルをどのように習得したら良いのかを、しっかりと考えておくようにしておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です